今月の作品

ナナカマド フジバカマ

花材 七竈(薔薇科)
   藤袴(菊科)

花器 紺色釉陶花瓶

自然の色彩のなんと美しいことか。
紅葉花材を手にするよろこびは、この季節ならではのものだ。
黄、橙、赤が重なり合い、広がって行く。
色の切れ間に、藤袴を香らせた。